個人向け 資産運用

家を買うなら新築と中古どっち?メリット・デメリットから住宅ローンの内情を解説

「新築で買うと高い」

「中古だと修繕費用がどのくらい掛かるか分からない」

このように夢のマイホームを買う際に迷ってしまいますよね?

「不動産業者はいいところしか言わない」

「業者の言うことは信頼できない」

当たり前のことです。

あなたが物を売りたいときはメリットを強調して言いますよね?

不動産に関しても不動産業者から見れば商品でありメリットを強調することは当たり前です。

第一に業者のセールスが怪しく感じてしまうのはあなたが新築・中古2種類のデメリットを理解していないことが原因です。

2種類のメリットやデメリットを理解することであなたに合った家を選択をすることができます。

今回の記事で特徴を理解し、不動産業者や物件の特徴を理解できるよう学びましょう。

新築物件のメリット

夢のマイホーム購入はやはり新築の物件が魅力的ですよね?

欲を出すならば注文住宅が最も好ましいですがかなりの費用が必要になるので中々実現できません。

建物が既にある建売と呼ばれる新築物件のメリットを紹介します。

  • 築年数が浅いため、資産価値が高い
  • 住宅ローンが通りやすい
  • 購入資金のみで追加資金が発生しにくい
  • 備え付きの設備も比較的新しいためしばらく使用することができる
  • 購入から入居までのスピードが速い

上記の様に新築物件は初期費用で入居することができ、しばらく住宅に掛かる資金がない為、資金管理が行いやすい点がメリットになっております。

更に、中古物件よりも資産価値が高い為、土地の価格が高騰し売却を検討する際にも売却しやすくなっております

前に住んでいる人もいないので、住み始めてから破損や設備不良が起きにくいため入居当初から不安なく住むことができます

更に、中古物件よりも資産価値が高い為、土地の価格が高騰し売却を検討する際にも売却しやすくなっております

前に住んでいる人もいないので、住み始めてから破損や設備不良が起きにくいため入居当初から不安なく住むことができます

新築物件のデメリット

安心安全で資産価値も高い新築物件ですがデメリットも存在します。

  • 既に建築済みのため内装など生活スタイルに合うか限らない
  • 万人受けするような作りが多い為、平均的な設備が多い
  • 資産価値が高いため、金額が高めに設定されやすい

新築物件は建ててから価値が下がるまで猶予があるため、販売当初の金額は不動産業者も強気の金額設定をしております。

更に、万人に分け隔てのないような内装や設備を設定しているため、あなたの生活スタイルにマッチするとは限りません

注文住宅で新築を建てることができれば最高ですが、そうもいかないですよね。

新築の良さ悪さを明確に理解しておきましょう。

中古物件のメリット

それでは対する中古物件のメリットを紹介致します。

  • 購入資金が安い
  • リフォームをしても新築より安くなることが多い
  • 生活スタイルに合わせた内装や設備を取り入れることができる

中古物件のメリットは何といっても購入資金の安さです。

リフォームはあなたの好みによって手を加える選択ができるので無駄な費用を抑えることができます

そして費用を抑えながら生活スタイルに合わせた内装や設備を導入することにより満足した生活空間を手にすることができます。

費用が安く、生活スタイルに合わせた空間を手にすることができる

新築よりも魅力を感じていますよね?

ですが、中古物件には中古物件のデメリットが存在します。

中古物件のデメリット

一見、新築物件よりも魅力がある中古物件のデメリットを紹介致します。

  • リフォームをする際に手間が掛かる
  • 外からでは判断できない問題が潜んでいる場合がある
  • リフォームをしている期間の住まいを考えなければならない
  • リフォーム業者をよく選定しないと理想の生活空間作りに失敗する可能性も
  • 住宅ローンが新築物件より通りにくい

上記の様にすぐに判断できないデメリットが潜んでいるのが中古物件の特徴です。

購入当初は予測できない点が多々あり、手間が掛かり思い通りに工事が進まないと、お金が高くても新築物件にすれば良かったと感じる人もいらっしゃいます。

見えないデメリットがないように不動産業者も問題点は指摘しますが、あなたが住む前に使用していた人の使用方法によっては見た目以上にボロボロの家かもしれません。

住宅ローンを満額借りるためには

上記までで新築・中古の特徴は理解できたと思います。

両方の特徴を理解し、あなたに合った選択をしましょう。

それでは、あなたに合った選択するときに住宅ローンはいくらまで借りられるのか気になりますよね。

今回は住宅ローンの基準も紹介致します。

住宅ローンは日本のローンの中でも最も優遇されたローンであり、非常に金利の低い商品になっておりますが、あなたの年収によって貸し出せる金額は異なります

基準はあなたの前年年収の7倍が基準だと思ってください。

もちろん物件の担保価値によっても最大貸出金額は変わりますが、基準は年収の7倍です。

金融機関の人間も住宅ローンはいくらまで?といったアバウトな質問に答える際には年収の7倍が基準と答えます。

では、基準を上回る点も紹介致します。

  • 公務員や金融機関などの社会的信用
  • 購入を検討している物件の不動産屋と金融機の取引振り
  • クレジットカードや携帯料金の延滞による事故者
  • 妻や親など連帯債務者として支払いをするパートナーの存在

上記の様に個人によって状況が異なるため年収や物件だけでは判断が付かないことが多々あります。

不動産業者と金融機関の取引振りといった大人の事情が介入することもあり、不動産業者が金融機関との繋がりが深い場合は普段では通らないローンが通ってしまうことがあります

一概には言えない住宅ローンなので審査してみないことには分からないことが多いです。

まとめ

ここまでで新築。中古の特徴や住宅ローンの内情まで理解できたと思います。

住宅はあなたの好みや生活スタイルによって住人十色と言われています。

そしていいところが見つけたけど他も見てみたいと時間を置いたら別の人間が契約してしまったとタイミングも非常に重要な買い物になっております。

人生で一番高価な買い物になるので慎重になる気持ち分かりますが、慎重さはタイミングを逃すことに繋がるので「ここは外せない」自分ルールを掲げ、物件を見てみましょう。

"これからの資産運用術"WEBセミナー開催!

AI搭載のFX自動売買システムを無料提供!

↓個別相談申し込みはこちらから↓

-個人向け, 資産運用

© 2020 FP office aqualife Powered by AFFINGER5